アゲ
  • 大間町産業祭にて、入賞者を発表!「小学生が食べたいアゲ魚っ子ランチ大賞」を実施いたしました!

    地元の小学生といっしょにつくり上げる企画として、「小学生が食べたいアゲ魚っ子ランチ大賞」というコンテストを実施。大間町内の小学生を対象に、自分が食べたいと思う「アゲ魚っ子ボールが必ず入ったランチ」の応募を募り、2022年12月3日(土)開催の大間町の地産地消イベント「大間町産業祭」のステージで受賞者の発表・表彰式をしました。さらに、「大間アゲ魚っ子のうた」を披露したり、「海のウルトラクイズ大会」には来場者にも参加してもらって盛り上がりました。

    アゲ魚っ子ボールを使った、14種類のおいしそうなアレンジメニューが集まりました!

    大間町の2小学校を通じてエントリーを開始した、「小学生が食べたいアゲ魚っ子ランチ大賞」。応募資格は、大間町内の小学生で、アゲ魚っ子ボールをメニューに使うことが条件です。応募者には試作用のアゲ魚っ子ボールを無償提供し、各ご家庭で作ったメニューの写真を説明文とともに応募してもらいました。すると、14ものさまざまなアレンジメニューが集まりました。
    魚っ子ボールを卵でとじた「アゲ魚っ子カツ丼」や、地元産の野菜とともにオーブンで焼き上げた「魚っ子グラタン」など、どれもこれも美味しそうなものばかり!集まったメニューの写真は、12月2日・3日と開催された「大間町産業祭」で2日間展示。来場者は展示ブースで足を止め、自分ならどのメニューが食べたいかを楽しそうに話し合っていました。

    いよいよ大賞の発表。アゲ魚っ子ボール1年分は誰の手に!?

    12月3日(土)、大間町産業祭のイベントステージで、ランチ大賞の受賞者発表会と表彰式を行いました。大賞には、なんと”アゲ魚っ子ボール1年分”が贈られるとあって、応募した小学生のみんなは少し緊張した表情で名前が呼ばれるのを待っていました。栄えある大賞は、ボリューム満点の「アゲ魚っ子ドリア」を作ってくれた傳法杏さん(大間小6年)、準大賞は、パンから手作りした三重結愛さん(大間小5年)の「まるごとゴンベくんサンド」に!実は、集まったメニューのどれもがすばらしく審査は難航。急きょ「準大賞」を設定することになったのです。大賞となった「アゲ魚っ子ドリア」は、今後、実際のお店のメニューとして出してもらうよう働きかけていきます。
    大賞以外の各賞は、大間町教育長が「超~うまそうで賞」を、町の管理栄養士が「栄養バランスいいで賞」を、大間町商工会長が「こりゃ売れるで賞」を選定。応募してくれた全員に「アゲごんべ賞」と記念品が手渡されました。このコンテストの発表会を通じて、イベントに来場した多くの町の皆さんにも、取組みを知ってもらうことができました。

    海の子スタッフが大活躍!「大間アゲ魚っ子のうた」披露と、海のウルトラクイズ大会も

    このステージイベントは、スタッフ側にも小学生が関わっていました。8月に開催した海の体験プログラム「津軽海峡 海の子アカデミー」で、おさかな専門シンガーソングライターの齊藤いゆさんと歌作りをした子どもたち8人です。「大間アゲ魚っ子のうた」の完成を報告し、PV動画に合わせてステージでご披露。また、ランチ大賞の受賞者発表や、海にまつわる○×クイズ「海のウルトラクイズ大会」での出題と答え発表など、ステージの司会進行にも一躍買いました。小学生たち自らが、豊かな海を守っていく仲間づくりの担い手となって大活躍でした。
    「海の未来を、みんなでアゲアゲ!」海の子・南憲生くん(大間小6年)の掛け声で、全員がお約束のアゲアゲポーズで決まり!会場が笑顔で溢れるなか、ステージ発表が終了しました。

    ■ランチ大賞の応募者より
    ・メニューを考えるのも作るのも楽しかった。
    ・前に学校で食べたアゲ魚っ子ボールを、今度は家で作って食べられてうれしかった。

    ■来場者より
    ・ランチコンテストのメニューは、美味しそうなので、写真だけでなく実際に食べてみたかった。
    ・SDGsの時代に合っているし、海の町に住むものとして海を守る心を育てる取組みはすごく良いと思う。

  • 飲食店30店、スーパーチェーン36店と連携して、海のメッセージを発信!大間アゲ魚っ子キャンペーンのご報告です

    2022年10月8日から11月6日の約1カ月にわたるキャンペーン。大間と近隣の飲食店20店舗、東京都内10店舗で”アゲ魚っ子”アレンジメニューを販売しました。また、青森県内のスーパーチェーン「マエダストア」と共同開発した「海のアゲ弁(大間アゲ魚っ子弁当)」を36店舗で販売。アゲ魚っ子を通して海を知って豊かな海を未来につなげるムーブメントを、子どもたちから楽しく起こしていくという大間の海のメッセージを発信しました!

    フライボールやから揚げなど、ロウソクホッケのミンチを使ったアゲ魚っ子を各店舗で提供

    大間の海の問題を解決するために取り組んできた、海のごちそうづくりの2年目の主役は、ロウソクホッケ。身が細くて脂が少ないことで、地元ではあまり活用されていない魚です。皮や小骨ごとミンチにしたものを使い、ちょっぴりカレー風味のフライボールに仕立て、どこか懐かしくクセになる、一口サイズの”ホッケのアゲ魚っ子ボール”を誕生させました。
    アゲ魚っ子ボールを用いて、あるいはロウソクホッケのミンチを使って、各店舗でアレンジしたアゲ魚っ子メニューを、約1か月間提供しました。10月22日・23日には「むつ市ゲートウェイフェスティバル」に出店。アゲ魚っ子ボールは大人気で、2日間で約1000個を販売するとともに、「津軽海峡しろみ魚の図鑑」を子どもたちに配布し、近隣で獲れる魚に親しんでもらいました。このキャンペーン期間を通して、アゲ魚っ子ボールを約2万個提供。海のごちそうを食べることで、豊かな海を守ろうというムーブメント起こしを展開することができました。

    青森県のスーパーチェーン「マエダストア」と「海のアゲ弁」を共同開発! 

    青森県内の大型スーパー・マエダストアさんとの共同開発で誕生した「海のアゲ弁」。ひじきご飯に海苔を敷いて、主役のアゲ魚っ子ボールに、タコのから揚げ、タコさんウインナーに卵焼き、ゆで野菜と、彩りもキレイなお弁当です。キャンペーン皮切りの3日間は、県内36店舗で一斉販売し、その後は大間店で継続して販売。さらに、町内2つの小学校に昼食として無償提供し、食べて学べる、海の食育の機会を設けました。海のアゲ弁は、店舗での販売と学校での提供をあわせてのべ1,600人に食べてもらい、大間の海のメッセージを届けることができました。

    ■メニューを召し上がった方の声
    ・アゲ魚っ子ボールがちょっぴりカレー味でおいしい。皮や骨も入ってるのに食べやすいですね。
    ・アゲ魚っ子ボールは、言われないとお肉かと思って平らげてしまう、ちょっと驚きの味と食感。おいしい。
    ・海のアゲ弁、内容も量もちょうど良く、おかずのバランスが良かったです。
    ・お寿司の魚以外はおいしくないと思っていたけど、このフライボールはおいしい!
    ・お店によっていろんなメニューがあって食べ飽きない。特にホッケドッグがおいしかったです。
    ・こんなにおいしい魚が住んでいる事を知って、大間の豊かな海を守りたいと思いました。

  • 「アゲ魚っ子を食べて学ぼう!」むつ市の学校給食に、ロウソクホッケのフライボールを無償提供

    2022年11月16日、むつ市立西通り学校給食センターの配食校4校(川内小中学校、脇野沢小中学校)の給食に、地元産の白身魚”ロウソクホッケ”のフライボールを無償提供しました。さらに、川内小学校の4年生の教室で「海の食育講座」を実施。講師が実際にロウソクホッケをさばいて見せながら、下北で獲れる魚の特徴や、海で起きている問題について学んでもらいました。海の資源に囲まれていることの幸せに気づき、その海の豊かさを守ろうとする心を育む取組みです。

    下北半島の海は豊かな宝海!地元の漁の様子をクイズや動画で楽しく学ぶ!  

    川内小学校4年生11名に、海の食育講座を実施しました。下北半島は、全国的にも珍しい4つの海に囲まれた豊かな漁場で様々な漁が行われています。「しろみ魚の図鑑」というイラストのチラシを配布して、周辺海域の魚の多様性を紹介し、講師の下北地方水産事務所の澤田篤技師が、マグロ、コンブ、ホタテガイ、サケなど、海水温の上昇によって以前ほど採れなくなってしまった魚が多いことや、陸奥湾に面した川内町で盛んな、ホタテガイの養殖についてお話しました。動画やイラストを交えて楽しく、わかりやすく紹介しながら、クイズを出すと、子どもたちは、真剣に考えて答え、理解を深めていきました。
    家族や親族に漁師がいる子どもいて、比較的海が身近で魚が好きな子どもも多いクラスでしたが、ふだんの食事は肉食が増えており、給食の「アゲ魚っ子」メニューを楽しみにしていたといううれしい声も聞かれました。

    ロウソクホッケを観察。さばく様子を興味シンシンで見つめ、思わず「おいしそう!」の声も!

    ホッケは、川内地区では比較的珍しい魚種で、魚体を初めて見る子どももいましたが、魚が様々な ヒレをうまく使って泳ぐ様子の解説や、食卓にあがるまでの三枚おろしの実演などを、興味深々で観察しました。ホッケは群れで泳いでいるため、他の魚と一緒に漁の網に入ってくるのですが、まだ脂がのっておらず、ロウソクのように細い時期のホッケはあまり活用されていないので、すり身にして揚げることでおいしく食べられるアゲ魚っ子フライボールを開発しました、と伝えると「早く食べたい!」と期待の声があがりました。
    SDGsの取組みにも力を入れている同校の子どもたちは、目の前の海を守る活動への関心も高く、授業の最後には、「海の未来をみんなでアゲアゲ!」の合言葉で、「海の未来を守る海の子になる!」と誓ってくれました。

    ロウソクホッケのすり身で作った「アゲ魚っ子フライボール」を給食で味わう!

    「アゲ魚っ子フライボール」の提供は、この年2月(アブラメを使用したもの)に続いて2度目。今回はロウソクホッケを使用し、前回と同様にすり身(小骨と皮も入っています)にツルアラメという海藻の粉末とオニオンソテーを加えて丸め、衣はほんのりカレー味でサクサク。1個20g程のアゲ魚っ子ボールを、小学生には2つずつ、中学生は3つずつ提供しました。食育講座を実施した4年生以外の学年には、実行委員会が制作したオリジナル動画でキャンペーンキャラクター「アゲゴンベ」が、下北半島の海や漁業の特徴や、海の問題を3択クイズを交えて解説し、楽しく学んでもらいました。
    前回のメニューがおいしかったと覚えている子どもも多く、給食時間中に登場した「アゲゴンべ」を歓声で迎え、「また来てね!」とうれしそうでした。

    ■食育授業を受けた4年生の感想
    ・クイズや動画で、とてもわかりやすく楽しく教えてくれてうれしかった。
    ・川内で獲れる魚やホタテ漁について、知らないことが多かったのでおもしろかった。
    ・魚をもっと食べて、海を守っていきたい。

    ■アゲ魚っ子フライボールを食べた感想(児童)
    ・他の魚のフライボールも食べたい。
    ・おいしくてあっという間に食べた。また食べたい。
    ・魚は好きな方だけど、フライボールは特においしい。

    ■川内小学校・曽根智子校長先生のコメント
    地域のプロの方々に教えてもらえる機会は大変貴重。SDGsに積極的に取り組んでいるので、海を守る心を育てる取組みとして大変有難い。

  • ロウソクホッケを自分でおろしてアゲ魚っ子に。奥戸小学校で「さばいて知ろう!わいどの海」を開催!

    2022年11月9日、大間町の奥戸(おこっぺ)小学校にて「海の未来をアゲアゲに―さばいて知ろう!わいどの海」を開催。5・6年生10名が、ひとりで1匹、ロウソクホッケをさばいて調理して食べてみる体験にチャレンジしました。この体験を通して、ふるさとの海への興味関心を喚起し、豊かな海を守るために自らアクションを起こそうという心を育てるための取組みです。

    地元産のロウソクホッケを三枚おろしに!自分でやってみたら、さばけた!

    子どもたちの大好物のカレーライスと組み合わせて、「魚っておいしい!」を体感してもらうメニュー「ロウソクホッケの魚っ子カツカレー」を作りました。魚を一からさばいてみることで、自分でもできたという達成感を味わいつつ、地元で獲れる魚への興味を喚起して、食べてみようという気持ちになってもらうことが狙いです。

    ロウソクホッケは20センチ前後と小ぶりで、脂がのる前の細いホッケ。群れで生息しているため、イカやタラを獲る網に大量にかかってしまうのに、地元ではなかなか活用されていないことを事前に学習。その後、調理室に移動して魚を間近に見て触って、納得している様子でした。

    まずは講師の荒谷潤治さんがお手本のさばき方を見せてくれて、包丁の入れ方やコツを教えてくれました。その後、3つのグループに分かれて、それぞれの講師のマンツーマン指導でさばいてみました。鱗を落として、頭と内臓を切り離し、三枚おろしにします。初めての経験に苦戦する子もいましたが、全員がしっかりと魚をさばくことができました!

    ホッケのミンチとつるあらめが入った「海のカレー」をかけて、いただきます!   

    一番難しい魚をさばく体験を終えた子どもたちは、達成感にあふれた様子。その後は楽しそうにホッケに衣を付け、鍋にカレーの材料を準備していました。皮や骨ごとミンチにしたホッケの身と、地元産の海藻「つるあらめ」の粉末を具材に投入。料理家の栗原心平さんが大間町の子どものために考案してくれた、海の風味豊かなオリジナルレシピのカレーです。カツがカラッと揚がった頃に、カレーも完成。ホッケカツにたっぷりかけて、みんなでいただきました。

    まずはホッケカツを実食。サクッといい音が聞こえてきました。なかには3杯もおかわりした子もいました!実は、その子は魚が嫌いな子でした。学校からすぐそばに見える、わいど(私たち)の海に住む魚を、自分の手でさばいて調理して食べたから、苦手だった魚のおいしさに気づけたようです。この体験が「豊かな海を守ることで、未来をさらにアゲアゲにしよう!」と自らアクションを起こす契機となったに違いありません。みんな揃って完食し、お腹いっぱい。海の恵みに感謝の「ごちそうさま」でした!

    ■小学生の感想
    ・三枚おろしは初めてで難しかったけど、ていねいに教えてもらえて、上手にできてうれしかったです。
    ・魚っ子カツカレーおいしかったので、家でも家族と作りたいです。
    ・大間の海にはこんなにおいしい魚が住んでいるんだとわかりました。
    ・私たちが海を汚していることを知りました。これからは海を守っていきたいです。
    ■先生の感想
    ・三枚おろしはどうなることかと思いましたが、マンツーマンのていねいなご指導により、貴重な体験ができましたことに感謝しています。

  • 「海のアゲ弁」食べて学ぼう!ーーお弁当を無償提供して「海の食育」を!

    大間町の小学校には、学校給食がありません。だから、青森県の大型スーパー・マエダストアと共同開発した「海のアゲ弁(大間アゲ魚っ子弁当)」を、大間小・奥戸小の全児童約200名に無償提供。海のごちそうを通じて海への興味関心を喚起し、豊かな海を守る心を育むため「『海のアゲ弁』食べて学ぼう!」を実施いたしました。「海のアゲ弁」は、魚が苦手な子どもでも食べやすいお弁当。オリジナル動画を視聴してもらいながら、大間の海や漁業の特徴、海の問題を、楽しく食べて学びました。

    ひじきご飯の上に、ロウソクホッケのアゲ魚っ子ボールがコロンコロン

    大間アゲ魚っ子弁当、略して「海のアゲ弁」。ひじきの混ぜご飯に海苔を敷いて、メインのおかずの新メニュー”ロウソクホッケのアゲ魚っ子ボール”がのっかっています。さらに、みんなの好きなタコさんウインナーにタコのから揚げ、とどめの卵焼きにゆで野菜と、彩りもキレイなお弁当。「いただきます」をして蓋を開いて、まずは魚っ子ボールをパクリ。ロウソクホッケは細くて脂がないから、なかなか活かされなかった魚だけど、揚げ物にするとうまい!「おいしい!」「もっと欲しい!」とうれしい声が聞こえてきました。ふだんは魚をお弁当に入れない子も「これなら食べられる!」と笑顔で完食してくれました。

    オリジナル動画を視聴して、おいしく楽しく海を学びます!

    津軽海峡に生息するさまざまな海の生き物たちをイラストで紹介した「津軽海峡 しろみ魚図鑑」をお弁当といっしょに配り、約10分間のオリジナル動画も視聴してもらいました。動画は、津軽海峡の海の特徴や海産物などの解説、今起こっている海の問題がわかる3択クイズ、子どもたちが歌詞を作った海の子ソングに自ら出演したPV映像など、内容は盛りだくさん。特に3択クイズでは、答え合わせでガッツボーズをする子がいたりと、大盛り上がり!
    最後は「海の未来を、みんなでアゲアゲ!」の合言葉で、全員がアゲアゲポーズ。「海の未来を守る海の子になるっ!」と、誓ってくれました。

    ■小学生の声
    ・お弁当のアゲ魚っ子ボールがちょっぴりカレー味でおいしい。
    ・魚っ子ボール、もっと食べたい。あともう1個入っててほしかった。
    ・お寿司の魚以外は美味しくないと思っていたけど、このフライボールは美味しい。
    ・帽子(かぶりもの)がおもしろかった。来てくれて楽しかった。
    ・動画を見て大間の海で一番とれているのが、マグロでなく昆布だったのを知り驚いた。
    ・海をきれいにしたいし、大事にしたい。魚を助けたい。
    ■先生の声
    ・子ども達は、目の前に海があり、そこでたくさんの魚や海産物がとれていることを当たり前に思って生活しているんだということに気づかされました。動画は、低学年にもとても分かりやすく、メッセージが伝わってくる素晴らしいもので、SDG’Sの教材としても活用できるものだと思いました。